Top>ISO認証



ISO9001:2015

ISO9001認証取得について

 株式会社日本陸送は2001年12月21日、海外向け自動車部品の梱包サービスにおいて、品質管理及び品質保証の国際規格である「ISO9001:2008」の認証を取得しました。

 お客様へ良い包装サービスを提供できる体質を具現化すべく、従来から取り組んできたお客様志向の品質管理を基に、ISO9001:2008に適合した品質マネジメントシステムを導入・確立・実践し、この度、当社の品質システムが国際的に認められました。これを機に、更に顧客満足の向上、高品質なサービスをお客様にご提供してまいります。


認証取得概要
登録事業所 株式会社日本陸送 本社・グローバル事業部
審査登録機関 EQA国際認証センター
登録番号 QA110382
適用規格 ISO9001:2008(JIS Q 9001:2008)
登録日 2001年12月21日
認定機関 IAF.ANAB
登録活動範囲 ・本社としての輸送・保管・梱包に係わる管理業務、並びにオフィス事務活動
・車輌の点検・整備・修理、給油所の管理
・自動車部品の補用部品の保管・入出庫業務
・自動車部品の納入代行業務
・自動車部品の小組加工業務並びに梱包業務
・海外向け自動車部品の梱包サービス


品質マネジメントシステム認証書

品質マネジメントシステム認証書


ページトップへ


ISO14001:2015

ISO14001認証取得について

 株式会社日本陸送は、2003年1月21日付けで環境マネジメントシステムの国際規格である「ISO14001」の認証を取得いたしました。

 当社では、先に海外向け自動車部品の梱包サービスにおいて品質マネジメントシステムの国際規格である「ISO9001」を2001年12月に認証取得し事業活動を展開していますが、当社の21世紀ビジョンである「地球にやさしい企業行動」のもと、2002年4月から環境マネジメントシステムの構築を開始し、省エネルギー、省資源、廃棄物の削減とリサイクルの推進、環境負荷物質の管理などの環境保全活動を実施してまいりました。

 今後も、総合物流業としての事業活動が地球及び地域の環境に与える影響を認識し、環境保全に配慮した事業活動と継続的な環境保全活動を推進し、社会と自然界に貢献することを目指します。


認証取得概要
登録事業所 株式会社日本陸送 本社・グローバル事業部
審査登録機関 EQA国際認証センター
登録番号 EA100778
適用規格 ISO14001:2004(JIS Q 14001:2004)
登録日 2003年1月21日
登録活動範囲 ・本社としての輸送・保管・梱包に係わる管理業務、並びにオフィス事務活動
・車輌の点検・整備・修理、給油所の管理
・自動車部品の補用部品の保管・入出庫業務
・自動車部品の納入代行業務
・自動車部品の小組加工業務並びに梱包業務
・海外向け自動車部品の梱包サービス


環境マネジメントシステム認証書

環境マネジメントシステム認証書


ページトップへ


OHSAS18001:2007

OHSAS18001認証取得について

 株式会社日本陸送は2011年11月19日付けで労働安全衛生マネジメントシステムの国際規格である「OHASAS18001:2007」の認証を取得いたしました。

 当社では、先に品質マネジメントシステムの国際規格である「ISO9001:2008」を、環境マネジメントシステムの国際規格である「ISO14001:2004」を各々、認証取得してまいりました。
 2011年4月からは、当社の基本理念である「労働安全衛生は事業の基盤」のもと労働安全衛生マネジメントシステムの構築を開始し、従業員全員参加で危険性、有害性及びその結果に基づき講ずる措置を運用、展開する労働安全衛生活動を実施してまいりました。

 今後も総合物流業として、安全で健康に働ける職場環境創りに積極的に取組み、事業活動を通して、地域社会に貢献する企業を目指します。


認証取得概要
登録事業所 株式会社日本陸送 本社・グローバル事業部
審査登録機関 EQA国際認証センター
登録番号 OA110383
適用規格 OHSAS18001:2007
登録日 2011年11月19日
認定機関 ANAB
登録活動範囲 ・本社としての輸送・保管・梱包に係わる管理業務、並びにオフィス事務活動
・車輌の点検・整備・修理、給油所の管理
・自動車部品の補用部品の保管・入出庫業務
・自動車部品の納入代行業務
・自動車部品の小組加工業務並びに梱包業務
・海外向け自動車部品の梱包サービス


労働安全衛生マネジメントシステム認証書

労働安全衛生マネジメントシステム認証書


ページトップへ


ISO22301:2012

ISO22301認証取得について

 株式会社日本陸送は2016年3月28日付けで社会セキュリティ-事業継続マネジメントシステムの国際規格である「ISO22301:2012」の認証取得を致しました。
 当社ではお客様へ、より良いサービスを提供できる体質を具現化すべく、2015年4月から事業継続マネジメントシステム構築を開始し、従来から取り組んできた防災活動を基にBCPを確立し、ISO22301:2012に適合した事業継続マネジメントシステムを 構築・実践し、この度、当社の事業継続マネジメントシステムが国際的に認められました。
 今後も総合物流業として、事業活動の継続性・安全性の確保及び機能の維持に努め、地域社会に貢献する企業を目指します。


認証取得概要
登録事業所 株式会社日本陸送 本社
審査登録機関 EQA国際認証センター
登録番号 S0392
適用規格 ISO22301:2012
登録日 2016年3月28日
登録活動範囲 ・本社としての輸送・保管・梱包に係わる管理業務、並びにオフィス事務活動
・車輌の点検・整備・修理、給油所の管理


事業継続マネジメントシステム認証書

事業継続マネジメントシステム認証書



事 業 継 続 方 針

〔事 業 継 続 基 本 方 針〕
 当社は、地震、風水害等の災害等発生時及びその恐れがある場合に於いて、お客様資産の保護、総合物流業としての事業活動の継続性・安全性の確保及び機能の維持に努め、社会と地域に貢献することを目指す。

〔事 業 継 続 行 動 方 針〕
 当社は総合物流業として物流サービスにおける事業活動において、以下の基本方針に基づき、防災体制を構築することにより、災害発生時に人命を保護し、被害を軽減し、もって事業の早期再開を目指す。

・ 従業員とその家族及び来訪者ならびに周辺地域の方々を含む人命の安全確保及び二次災害の防止を最優先事項とする。
・ 災害発生時に於いても、可能な限り総合物流業としての事業継続を図ることで顧客、従業員、取引先等及びその関係者への影響を最小化し、総合物流業としての責務を果たすことに努める。
・ 災害発生時等を想定した事業継続マネジメントシステムを構築・実行し、又、環境の変化及び事業継続に大きな支障をきたすリスク発生後も事業規模の維持・拡大に努め定期的に適切であるか見直しを実施し、継続的改善を行う。
・ 事業継続マネジメントの中で、事業継続計画を適宜更新するとともに、事業継続計画に基づく訓練を定期的に実施する。

 当社は、上記の基本方針がお客様及び従業員等ならびに関係者の利益に資することから全ての従業員に対し本行動方針、防災対策、防災災害規程及び行動マニュアル等に関する理解を深め共に災害に備えるよう求めることとする。
当社は、この事業継続方針を実行、維持し、全従業員に周知すると共に、一般にも公開する。


2018年4月1日
株式会社日本陸送
事業継続担当役員

藤崎 伸雄
ページトップへ


Copyright © 2001-2008 NIPPON RIKUSO All Rights Reserved.